古事記の恋愛ストーリに思いを馳せる 山幸彦と豊玉姫の出会いの場とは? 教科書には記述されない歴史

 

 

 

JUGEMテーマ:

 

 

 

古事記の恋愛ストーリに思いを馳せる 山幸彦と豊玉姫の出会いの場とは? 教科書には記述されない歴史



男木島

日本各地には古事記に関連した伝承が残っている。香川県の男木島にも、山幸彦と豊玉姫に関する神話が残っている。また、男木島のすぐ隣には、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島と言われる、女木島がある。



古事記には大和朝廷が成立した神話が記述されている。



アマテラス大神が自身の孫にあたる、ニニギノミコトを地上界に派遣した。これが天孫降臨の伝説で、このニニギノミコトのひ孫にあたる人物が大和朝廷を打ち立てる神武天皇である。



ニニギノミコトには、山幸彦と海幸彦という子供がいました。文字通り山と海を支配する存在であった。



山幸彦が海幸彦から釣り針を借りて漁に出る事になったが、その大事な釣り針を無くしてしまった。海幸彦は山幸彦をけっして許そうとはしなかった。



そんな時に山幸彦は豊玉姫と出会う。豊玉姫の父は海の神であり、その力を借りて、無くしてしまった釣り針を探し出す事に成功した。



その後、山幸彦と豊玉姫は結ばれて子孫を残す。



この山幸彦と豊玉姫の孫が神武天皇になる。



男木島には、大和朝廷を打ち立て、最初の天皇になる、神武天皇のおじいさんとおばあさんにあたる、山幸彦と豊玉姫の恋物語の伝承が残っている。



男木島がこの神話の舞台である。

山幸彦と豊玉姫が出会った場所神井戸(しんど)



山幸彦をお祀りしている神社加茂神社



豊玉姫をお祀りしている神社豊玉神社



これらの古事記に関連する場所が存在している。



このように日本各地には古事記の神話にまつわる話が残っている。そんな日本各地に残っている伝説の1つを紹介しました。

 

 

 

教科書に載らない歴史

 

 

 

 

古事記の内容、神話

 

 

 

 

記事を読んで満足され方はクリックにてサイト運営にご協力

 



●次の記事へ(総合案内・記事はここから検索できます。)

先生 | 俗説集 | 11:40 | comments(0) | - |
2/4PAGES | << >> |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
教科書に載らない歴史のサイト案内とブログ管理者の他サイト紹介
ここをクリック
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村
著書紹介
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH