加藤清正、虎退治の理由とその戦い方とは?

 

加藤清正、虎退治の理由とその戦い方とは?

 

 

「通説」

加藤清正と言えば、虎退治で有名。

 

1592年から朝鮮出兵が始まり、豊臣軍の主力として朝鮮に渡る。

 

当時の朝鮮では虎が沢山いた。

 

加藤清正の陣中近くにも虎が現れて被害が続出したので、加藤清正は自ら山へ出向き、得意の槍一本で虎を退治していった。

 

 

「検証」

実際に当時の朝鮮や中国では虎がいて、その被害も多かった。

 

日本の大名が直接出陣して虎退治を行うこともあったが、鉄砲を使って、何人かで行っていた。

 

槍や刀を使うより、鉄砲を使うほうが、安全でより確実である。

 

加藤清正の場合も何人かで鉄砲を使って虎退治を行っていたと考える方が自然である。

 

また、虎退治の理由は、豊臣秀吉が虎を食していたので、秀吉に献上するためというのが有力な説である。

 

 

JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス

 

 

クリックにてサイトの運営にご協力をお願いします。

 


●次の記事へ(総合案内・他記事はここから検索できます。)

 

先生 | 奇想天外な偉人伝 | 18:56 | comments(0) | - |
2/25PAGES | << >> |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
教科書に載らない歴史のサイト案内とブログ管理者の他サイト紹介
ここをクリック
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村
著書紹介
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH