司馬遷の史記に隠された制作秘話とは

JUGEMテーマ:人物伝

 

司馬遷の史記に隠された制作秘話とは

 

司馬遷(しばせん)史記とは、漢の時代に書かれた歴史です。

 

 

史記が完成されるまでの苦難物語

司馬遷は北方の遊牧民族と戦いで捕虜となった漢の将軍李陵(りりょう)をかばった事で、 武帝の逆鱗に触れてしまい、死罪となってしまった。

 

しかし、彼にはどうしても死ぬことが出来ない理由があった。

 

それは

 

歴史書がまだ完成されていない。

 

歴史書を完成させるまでは死ぬことは出来ない。

 

死罪を免れる方法は、ただ1つ、それは、激痛と屈辱に耐えて、男のシンボルを切り落とし、男を捨てる事。

 

当時の中国のルールでは、死罪を免れる方法は、宮刑を受ける方法しか残されていない。

 

こうして、苦難の中、史記が完成をした。

 

司馬遷の信念が大作「史記」をこの世に送り出した。

 

 

史記の影響

司馬遷の史記は、その後歴代中国王朝の歴史書の手本となった。

 

史記の影響は日本を含めて、近隣諸国にまで多大な影響を与える事になった。

 

始まりは1人の男の執念であった。

 


●次の記事へ(総合案内・他記事はここから検索できます。)

先生 | 奇想天外な偉人伝 | 19:43 | comments(0) | - |
2/139PAGES | << >> |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
教科書に載らない歴史のサイト案内とブログ管理者の他サイト紹介
ここをクリック
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村
著書紹介
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH