スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

岡倉天心!日本人の心の拠り所を救う活動とは

JUGEMテーマ:日本美術

 

 

文化財保護に貢献した人物

 

 

神仏分離

明治政府が出した神仏分離令によって、神仏習合という日本古来の仏と神が融合した信仰が否定され、神と仏が分けられた。

この神仏分離令を拡大解釈した民衆によって、仏教排斥運動が展開される。

これは、廃仏毀釈と呼ばれ、全国の仏像やお寺は壊された。

 

例えば、奈良の興福寺では寺領が没収され、僧全てが春日大社の神官となった。興福寺の有名な五重塔は現在の価値で約2万円で売却されたと言う。

 

明治初期のこの時代、廃城令や欧化政策など日本の伝統は壊され、西洋文明がもてはやされた。

 

 

岡倉天心の活動

全国の仏像やお寺が壊されていく中で、岡倉天心はその保護のための活動を行う。そこには1つでも多くの文化財を守る熱い思いがあった。文部官僚となった岡倉天心は、仏像の被害状況を調べ、仏像を少しでも後世に残そうとした。

 

文化財の保護を本格的にするには、政府の協力が必要、しかし、当時の政府は西洋の文化を取り入れることにしか興味はなかった。

 

そこで、岡倉天心は政府のトップを動かすことを決意し、外国人フェノロサの協力を得た。伊藤博文を日本絵画の鑑賞会に招き、フェノロサの国から日本美術の素晴らしさを伝えてもらった。フェノロサの言葉に伊藤博文は心を動かされます。

 

1897年文化財保護法が成立、岡倉天心の思いが通じた瞬間であった。

 

重要語句

岡倉天心(1863〜1913)

→美術行政家、思想家、東京美術学校長、日本美術院設立など。明治日本美術の指導的立場

 

神仏分離令(しんぶつぶんりれい)

→仏と神が融合した神仏習合(しんぶつしゅうごう)を否定し、仏と神を分けた。明治政府は神道を国教とした。

 

廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)

→仏、寺を排斥する運動。神仏分離令によって起きる。


●次の記事へ(総合案内・他記事はここから検索できます。)

先生 | 奇想天外な偉人伝 | 19:50 | comments(0) | - |
1/29PAGES | >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
教科書に載らない歴史のサイト案内とブログ管理者の他サイト紹介
ここをクリック
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村
著書紹介
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH