大坂夏の陣図屏風‐戦国時代の光と陰‐教科書では語られない歴史

 

JUGEMテーマ:日本史

 

大坂夏の陣図屏風‐戦国時代の光と陰‐教科書では語られない歴史

戦国時代と言えば、武将達の華々しい戦が思い浮かばれるが、その陰では一般民衆の悲惨な犠牲が隠されている。

戦国時代の最後を締めくくるのが、大坂夏の陣、この戦いで、徳川政権の基盤が強固なものになる。

そんな戦いの様子を描いたものが、大坂夏の陣図屏風である。


大坂夏の陣図屏風に描かれているもの
○首を切られる一般民衆
○襲われる様々な人達
○奴隷狩り
○逃げまどう民衆
○川に身を投げる民衆

壮絶な絵が描かれている。

戦争という無秩序な空間では常に犠牲になるのは一般民衆である。

歴史では、華々しい戦しか描かれないが、その陰には、語られることのない真実の民衆の歴史が隠されている。

 

クリックお願いします。

 


●次の記事へ(総合案内・他記事はここから検索できます。)

 

先生 | 日本中世・近世史 | 18:47 | comments(0) | - |
1/4PAGES | >> |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
教科書に載らない歴史のサイト案内とブログ管理者の他サイト紹介
ここをクリック
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村
著書紹介
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH