中国残留孤児とは?親必見教科書で詳しく語りたい歴史

 

 

JUGEMテーマ:日本史

 

中国残留孤児とは?親必見教科書で詳しく語りたい歴史

 

日本は大陸進出にともない、国家政策として大量の移民が中国の東北地方である満州へと渡った。

 

第二次世界大戦前から大戦末期まで、満州への移民は続いた。

 

 

ソ連の侵攻

1945年8月、二次世界大戦末期、ソ連が突然、不可侵条約を破棄して、満州(中国東北地方)に侵攻した。
 

ソ連軍は人権を無視、捕虜になった人々はかこくな強制労働の任につかされた。


移民者はソ連軍から逃げるしか選択肢が残されていなかった。
 

かこくな逃亡の中多くの人達の命がうばわれ、また、たくさんの人達がソ連軍に強制連行された。


特に小さな子供を連れての逃亡は困難を極めた。

そして、この大混乱のさくらん状態の中、多くの親子の悲劇が生まれた。
 

現地の中国人達は子供を売れと、日本人にささやいたと言う。
 


中国残留孤児

・子供を中国の知人に預けた。
・子供を中国人に売った。
・逃げる途中で離ればなれになった。

・置き去りにした。
・子供の命を優先した。
・自分がロシアに捕まった。

それぞれに、どうする事も出来ない事情や悲劇があった。

中国に残された子供達の多くは、中国社会で家事や育児をして厳しい生活を送った。
 

文化大革命の時には鬼の子として、迫害の対象にもなった。
 

戦後日本と中国は国交を閉ざしたので、中国残量孤児のことが長い期間、表に出ることは無かった。
 


中国残留孤児発生の原因
・ソ連軍の国際法を無視した蛮行
・冷戦による、日中の国家断絶
・日本政府の遅い対応

1番の理由は、日本との不可侵条約を破って侵略を開始したソ連が原因。


ソ連軍に国際法を守る姿勢はなく、人権を無視した行為を平気でする為に、住民は逃げるしか方法が無かった。


ソ連の蛮行が中国残留孤児を生んだ。

 

 

中国残留孤児問題の解決へ向けて

日本と中国との国交が回復後、徐々に中国残留孤児の存在が分かってきた。
 

当初、日本政府は中国残留孤児問題に対して、逃げ腰であった。

 

しかし、自分の子供に会いたいと願う熱い思いに、多くの人達が賛同していった。

 

35年と言う長い時間の末、人々の思いが国を動かし、大きなうねりとなって中国残留孤児問題は解決に向けて歩みだした。

 


●次の記事へ(総合案内・他記事はここから検索できます。)

先生 | 大東亜戦争(太平洋戦争)第二次世界大戦 | 05:59 | comments(0) | - |
1/16PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
教科書に載らない歴史のサイト案内とブログ管理者の他サイト紹介
ここをクリック
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村
著書紹介
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH