高松空襲と本土空襲―民衆から見た大東亜戦争(管理者著書)

JUGEMテーマ:ニュース

高松空襲と本土空襲―民衆から見た大東亜戦争(管理者著書)

高校教師としての顔と、もう1つの顔がある。

それは、歴史の研究者としての顔を持っている。

大学は法政大学文学部史学科を卒業。


文学部史学科は歴史の研究者を育てる学部。

その縁あって、現在でも歴史の研究者を続けています。

研究の対象は、近現代史、主に大東亜戦争です。

著書も出しています。

大東亜戦争末期の、本土空襲、その中で、高松を主に取り上げて、民衆から見た、生の戦争を伝えます。


●次の記事へ(総合案内・他記事はここから検索できます。)

先生 | 自己紹介日記 | 00:35 | comments(0) | - |
1/3PAGES | >> |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
教科書に載らない歴史のサイト案内とブログ管理者の他サイト紹介
ここをクリック
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村
著書紹介
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH